水素水を飲もう

水素水の農業分野への応用について

水素水は人に対しては活性酸素を除去するため、飲用すれば健康的な生活を送れると注目されています。
ただ人に対してだけでなく、稲や野菜などの植物に対しても有効な水として、農業用に活用され始めています。
農業用水を専用の電極を用いて、電気分解にかけて水素水を作り出し、それを葉面に散布したり潅水に活用したりします。
その主な効能としては、ハダニやアブラムシなどの害虫の発生を抑制したり、うどんこ病やサビ病、葉カビ病などの病原体にも効果があり、その症状の発生を抑制することも可能です。
水素水は人体にも優れていることで散水する上で、農薬の散布のように専用の防護服やマスクなどの着用をしなくても済みます。
また害虫にも効果があることで、農薬の散布回数を減らすことが出来ることで、自然栽培に適している水となります。
植物は日光による紫外線での酸化ストレスの発生などで枯れ易くなったり、萎れ易くなったりするので水素水を活用することで植物の健康的な発育を促す上でも最適です。
専用の電気分解する機器も開発され、レンタルでも借り易くなっている事情もあり、農業の活性化にも貢献しています。

水素水を農業に活用する

水素水は、人への健康効果が高いことがわかっていますが、農業にも活用されつつあります。
まだ実際に利用されたケースが少ないので、どの程度の効果があるかははっきりとしない点もありますが、水素水を農業に使って野菜や米を栽培した農家の人は好感触を得ています。
水素水には、抗酸化作用があるので病気に強い野菜を栽培する事が期待され、根の張りが良くなるのでビタミンなどが多く含まれた栄養価の高い野菜の収穫が期待されます。
米を栽培した農家の人は、根の張りが良いので肥料分をよく吸収して、根腐れしにくい効果を感じています。
根の張りが良くなる事で元気で丈夫な作物を育てることが可能で、収穫量のアップが期待出来ます。
近年は水槽栽培をする農家の人や趣味で野菜を栽培する人も多く、水耕栽培では水の衛生面が重要なので、水素水を活用して雑菌の繁殖を抑えながら安全性の高い野菜の栽培も期待できます。
人間にだけでなく農業にも利用されつつあります。

おすすめWEBサイト

最終更新日:2017/1/30

Copyright 2015 水素水について All Rights Reserved.